田口元気さん(Fリーグ フウガドールすみだ所属)

2015/12/2
田口元気さん ――フットサルを始めたきっかけを教えてください。
小学6年生の時に、サッカーの茨城県選抜でマルバ水戸(現在関東フットサルリーグ2部所属)の監督浅野さんに出会い、マルバのスクールに誘われたのがフットサルとの出会いです。中学時代は、マルバのスクールに通いサッカーをするためのボールコントロールを学びました。その後、高校ではサッカーに打ち込みましたが、大学ではサッカー部には入らず、怠慢な大学生活を過ごしていた自分に浅野さんの紹介で関東1部のBLACK SHORTSに加入。ここでのプレーが冷めた自分を再び熱くさせ、現在に至るまでのフットサルキャリアをスタートとなりました。

――フットサルの魅力はどんなところですか?
緻密な駆け引きとゲーム展開がフットサルの魅力と感じています。サッカーもフットサルもフットボールであるため共通する哲学がありながらも、全く違ったゲーム戦術・展開がそこにはあります。フットサルではコートが狭いので、常に得点・失点が隣あわせにあります。半歩のポジショニングの差、一瞬の決断の差がゴールに直結してしまうのです。ピッチ上には駆け引き・勝負が常に存在にしておりその勝負を制することでより勝利に近づけるのです。
また、フットサルの最大の魅力だと思う事はゲーム展開にあります。より多くの得点が生まれ、プレイングタイムであるが故に劣勢のチームが残り数秒で逆転勝利を飾ることも少なくありません。逆転勝利や終了間際の勝ち越し弾など、スポーツとしてのドラマが生まれやすいのです。息を呑むようなゲーム展開がフットサル最大の魅力だと思います。

――現在、田口選手はFリーガーでありながら、ビジネスマンとして仕事もされているそうですが、仕事をしながらフットサルをする道を選択した理由について教えてください。
ビジネスの世界で頑張っていこうと就職が決まっていた大学4年生のときに、自分を熱くしてくれたフットサルでもっと熱くなれる舞台を須賀さんが与えてくれたので、この道を選択しました。誰もが難しいと思う両立を、「できる」と自身が証明したかったことも理由のひとつです。
また、ビジネスとスポーツには多くの共通点があります。技術的なものはそれぞれ違いますが、原理原則や目標へのアプローチの仕方や、グループのなかでの振舞い等、互いに共通することが多々あります。相反すると思われるスポーツとビジネスで、実は多くの共通する部分があり、それを体感・発見できるより良い立ち位置にいると自負しています。更にはこれからのキャリアを考えた時に、この両立はよりポジティブに働くと考えています。

――フウガドールすみだはどんなチームですか?
チームはもちろん日本トップリーグであるFリーグの一番を目指しています。現在、名古屋オーシャンズ1強であるこのリーグに新しい風を吹かせることのできるチームはフウガだと思っています。他のチームと単純に比較はできませんが、フウガは若手がのびのびプレーしています。18歳の清水和也が今シーズン思い切り良くプレーし、日本代表に選出されていることがそれを象徴しています。互いをしっかりリスペクトしているのでベテランも中堅も若手もそれぞれが持ち味を存分に発揮できています。
チームの特徴としては、「真剣にふざける」ことを挙げたいとも思います。決して、相手チーム、フットサルやリーグを冒涜しているわけではなく、純粋にこの舞台を楽しんでいるからできることであります。どこにトップリーグでふざけているチームがあると想像しますか。「普通じゃない」フウガを一言で表すとこの言葉がしっくり来ます。逆境に立たされた時、険しい顔でプレーするのはごく自然のことで当たり前でもあります。そこで、負けるかも知れないけど現状を受け入れその瞬間を純粋に楽しむことができる不思議なチームなのです。フウガの試合に来ていただければ本当の意味でこの言葉が理解できると思います。

――栄養や自分の身体について意識していること、考え方はありますか?
プロのフットサルプレイヤーとして活動している他の選手と比べると、一般企業で勤務している僕は圧倒的に身体のケアに使える時間が限られています。身体のケアに充分な時間が取れないからといって、試合での言い訳にはなりません。資本となる身体は一番気をつけており、バランスよく栄養を摂取することを心がけております。少しでもよりよいコンディションで臨めるよう、食事やストレッチ・フィジカルトレーニングとしっかり向き合って取り組んでおります。必要な栄養素を自分の目的に則し摂取することが、怪我の防止やパフォーマンスの向上に繋がります。

――運動や生活の中での悩みはありますか?
僕のウィークポイントはフィジカルにありますので、現在特に取り組んでいることはフィジカルレベルの向上です。サイズアップするためには、特に栄養の摂取はフォーカスされますね。
また、悩んでいるとまではいきませんが、睡眠時間の確保はもう少し向上させたいですね。後は、家でバランスの取れたあったかいご飯を作ってくれる奥さんが欲しいです。

――CriacaoCorpoを使用している目的は何ですか?
大きな目的は疲労回復と食事でカバーできないたんぱく質の摂取です。試合後・練習後、次の試合に向けて栄養補給をして、コンディションを整えるために使用しております。

――田口選手がCriacaoCorpoを選んだ理由は?
一番は竹田さんの想いに感銘したことが大きな理由です。学生時代からフットボールを取り巻く環境において大変お世話になりました。信念は商品に宿ると思いますので、ビジネスマンとフットサルを両立している僕には、もってこいです。
また、決して安くないプロテインですが、身体を削りあうFリーグの舞台には欠かせないマストアイテムです。CriacaoCorpoはお財布にも優しくハッピーな商品ですね。

――CriacaoCorpoの味はどうですか?
プレーンなので、くせがなくどんなドリンクにも合うのがいいですね。よく、オレンジジュースやアップルジュース、ぶどうジュースで摂取しています。水で飲めるプロテインも他のメーカで発売されていますが、特に練習後は糖質と一緒に摂取することが望ましいので、ジュースと割ってもおいしいCriacaoCorpはとても良いですね。

――使い始めて何か変化を感じることはありますか?
次の日に疲れが残りにくくなりました。どんなにきつい練習が夜あっても、翌朝には会社に行かなければならないので助かっています。今年の夏から使用しているのですが、それから試合にもコンスタントに出場できていますし、ゴールも決めました。

――これからどんな風に栄養、自分の身体と向き合っていきますか?
これからも大きく変えずに、身体と対話しながら必要な栄養素を必要な分だけ採るように心がけます。もちろん、コンディションを整えるためにたんぱく質もしっかり採っていきたいです。

――今後の自分、目標について聞かせてください。
チームとして、日本で一番になれるよう精進していきます。
個人としては、日本代表をめざして頑張っていきます。



プロフィール
田口元気さん
Fリーグ フウガドールすみだ所属
WEBサイト:http://www.fuga-futsal.com

販売/お問い合わせ

株式会社Criacao
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2F