大口柾文さん(一橋大学ア式蹴球部)

2016/3/10
大口征文さん ――一橋大学ア式蹴球部はどんな部活ですか?
大学という様々な選択肢がある場所において、四年間をサッカーに捧げる、チームのためにがんばることを選んでくれた人たちの集団です。みんな真面目で、サッカーが好きで、チームと目標に対して熱い気持ちを持っています。

――部として大事にされている事、目指しているものは何ですか?
全ての練習と試合で全力を尽くすこと。チームとしての一体感。仲間を思いやる事。頭を使ってピッチ内外で行動すること。あげたらきりがありません。詳しくはHPをぜひご覧ください。チーム理念やスローガンを紹介しています。
http://www.fcikkyo.com/

――大口選手が大事にしているもの(選手として、学生として、人として)はありますか?
まず、失敗は伸びしろだということです。たとえミスや間違いが起こってしまっても、その試合は続いていきますし、人生も続いていきます。どんなことでもポジティブにとらえてそこから学ぶ姿勢を大事にしたいと思っています。そして、チームのために行動するということです。GM(学生監督)という立場をやらせてもらって、ふがいなさを感じる日々ですが、それでもチームメイトは僕の練習に必死に取り組んでくれています。そんな姿を見ていると何よりもこのチームのために、みんなのためにという物差しで常に行動していかなければという気持ちになりますし、そうあろうと努力しています。

――大口選手の感じるサッカーの魅力について教えてください。
チームスポーツであること。それから、1点の重みです。90分間待ち望んだ末の待望のゴール。選手がベンチにかけよって、もみくちゃになって、スタジアムが揺れるあの感動はサッカーにしかないものだと思います。僕たちの話で言えば、公式戦でゴールを決めた仲間が駆け寄ってきて、ライン際でもみくちゃになって喜ぶあの感動はどんなものにも代え難い瞬間です。

――大学サッカーの魅力について教えてください。
真の意味でのプレイヤーズファーストがあることです。大学に入るまでは監督という大人の下サッカーをしていました。大学では、とくに監督のいないこのア式蹴球部ではプレイヤーである学生がサッカーの中身から部活動の運営まで主体的にかかわることができます。これは本当に素晴らしいことだと考えています。そして素敵な仲間に出会えるということです。大学での講義をはじめ、ピッチ上でも、一人暮らしをしていれば日常生活でも必然的にチームメイトと一緒に過ごすことが多くなります。サッカーのことから将来のことまでなんでも話し合える関係が築けたのは大きな財産になりました。

ーー栄養について意識している事、工夫している事、どんなふうに考えているか(部としても個人としても)を教えて下さい。
栄養はパフォーマンスに欠かせない要素だと考えており、フィジカルユニットを中心に施策を講じています。三食を写真にとってLINEで共有する「ご飯LINE」や、試験的にコンディショニングアプリを導入しているほか、外部の方に食事に関する講演を行っていただくこともあります。また試合後には必ずオレンジジュースとバナナとアミノ酸をプレイヤーに提供しています。

――CriacaoCorpoを使うようになったきっかけと理由を教えて下さい。
Criacaoさんとは以前からお付き合いがあり、リリースされたときから興味を持っていました。購入の決め手はなにより安いこと。それからCriacaoCorpoに込められたCriacaoさんの想いの強さです。CriacaoCorpoを買ってもらうことが目的じゃない、これをきっかけに栄養に関して考えるアスリートが増えてほしいと丸山さんがおっしゃっていたことは今も忘れません。

――使ってみての感想、魅力を教えて下さい。
とても飲みやすいです。泡立ちもあまりしません。あまり甘いのは好きではないのでプレーンがちょうどいいです。

――今後チームとして、個人としてもどうありたいか。目標は何かを教えて下さい。
チームとしては、東京都一部昇格。すべての試合でグッドゲームを追求すること。それから全員がこの部に対して当事者意識をもっている組織を目指したいです。上の立場のひっぱりと全員の底上げという両輪でチームを動かしていきたいと考えています。個人としてはGM(学生監督)という立場からの役割はもちろん、プレイヤーとしてもチームの勝利と目標に貢献したいです。そのために必要なことはどんなことでも取り組む姿勢を忘れずにいたいと思っています。



プロフィール
大口柾文
一橋大学ア式蹴球部
WEB:http://www.fcikkyo.com/
一橋大学ア式蹴球部のみなさん
→利用者一覧へ

販売/お問い合わせ

株式会社Criacao
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2F