井筒陸也(関西学院大学サッカー部主将)

2015/9/11
――高校卒業後、関西学院大学への進学を選択した理由を教えてください。
サッカーだけでなく、学生として勉強を両立したいと考え、本学を選びました。

――関西学院大学サッカー部が大事にしているもの、目指しているものは何ですか?
サッカー部が最も大切にしているのは「主体性」です。自ら必要なことを考え、実行していく。考える力、行動する力を成長させられる場であること、そして学生が主体性を持つことで初めて実現できるような、新しい可能性に挑戦出来るチームを目指します。

――サッカー選手として井筒選手が大事にしているものはありますか?
チームのマインドと重なる部分ではありますが、私は「考えること」を最も大切にしてきました。ピッチ内では相手のプレーを予測することで、自分のフィジカル面のハンデを補い、また、ゲームの流れや状況を理解し、周りの選手を統率するプレーで存在感を発揮することを意識しています。ピッチ外でも、下級生や下のカテゴリーの選手の想いを知り、サッカー部に必要なことは何か、常に考えるようにしています。

――井筒選手の感じるサッカーの魅力について教えてください。
大学でサッカーをするまでは、「勝って、嬉しい」という部分までしか考えられていませんでした。しかし、大学で、そしてチームのリーダーとなって、サッカー部とサッカーの魅力、価値について真剣に考えるようになりました。その答えの一つは「成長」です。四年間という限られた時間で、自分も含め、たくさんの選手がめざましい成長を遂げました。それは自分が支えられていることを実感し、真剣勝負の中で素晴らしい人間関係を築き、そうした中で得られる人間的成長です。もう一つは「感動」です。我々はサッカーなくして、心から感動する、人を感動させることは出来ません。人間の純粋な感情に触れる瞬間に出会えることは、サッカーの魅力の一つです。

――自分やチームに感じる課題はありますか?
大学サッカー界の実力は、日本一を狙うチーム同士で非常に拮抗しています。そのとき、勝敗を分けるのは「気持ち」の部分です。どっちのチームの方が勝ちたいと想っているか、その想いの強さが全てだと考えています。関学サッカー部、そして私自身に、その「気持ち」の強さにはムラがあります。自分たちはなぜ戦うのか、なぜ勝たなければならないのか。たくさんの人の想いを背負ってピッチに立っていることが、自分が100%で戦う理由であることを、もっともっと理解し、常に強い気持ちでプレー出来るようなチーム作りが必要です。

――栄養について意識していることや、栄養に対してどんな風に考えているか教えてください。
監督から「足が速くないCBなのだから、もう少し体重を増やした方がいい」そうアドバイスをもらい、筋トレ、そして栄養について考えるようになりました。コンディションの良し悪しは日々変わるものですが、それを「調子」という一言で済ませてしまうのはもったいないと思います。体の調子には、様々な理由があり、その大部分を占めるのが栄養です。効く、効かないは人それぞれの部分でもありますが、栄養としっかりと向き合い、自分の理想に近づけていくことが、怪我をしないために、最高のパフォーマンスを発揮するために重要だと考えています。

――CriacaoCorpoを選んだ理由
私が最も気に入っている点は、その味です。市販のプロテインは数多くありますが、CriacaoCorpoのように「プレーン」というのは見たことがありません。水やスポーツドリンクで美味しく飲めることは、様々な場所、状況で摂取する機会がある自分にとって、とても嬉しい部分でした。また、スポーツドリンクの種類を変える、他の補いたい栄養素と組み合わせるなど、そのバリエーションとアレンジが魅力です。プロテインと筋トレを続けるモチベーションとして、とても気に入っています。

――これからどうありたいか。個人としてチームとして。
選手として、特に守備面の課題があります。ヘディング、一対一、ゴール前の体を張るなど、守備でチームの流れを変えられるような選手を目指します。
チームとしては、今夏の総理大臣杯の日本一に甘んじることなく、さらに成長することが必要です。精神的にとても難しいことですが、もう一度最初から、チームの日本一に必要なことを考え直し、一つ一つの物事に取り組んでいきたいです。




プロフィール
井筒陸也
関西学院大学サッカー部主将
WEBサイト http://kgusoccer.com/member/2012/izutsu_rikuya.html

販売/お問い合わせ

株式会社Criacao
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2F